海外投資に関する情報について

FXは人気のある投資の一つになっている


FXというものをご存知でしょうか。
近年、インターネットの発達によって様々な資産運用の方法が考えられてきましたが、その中でも最も人気を集めている投資の一つにFXというものがあるのです。

FXというのは、外国為替証拠金取引の略称のことを言います。
簡単に言いますと、外貨を利用して為替取引をすることがFXの特徴になるのです。
為替取引というのは、目に見えないお金のやり取りの事を言いますので、具体的に言うと口座の中に入っているお金の入出金で取引を済ますことを言います。
では、なぜ外貨の交換で投資が成り立つのでしょうか。

為替相場というのは、常に変動しています。
例えば、1ドル100円だったものが翌日に1ドル105円になったのならば、ここには5円の差が出てきます。
仮に、100万円を投資して5円の差が出てたときには5万円の利益が手元に返ってくることになりますので、為替相場の変動を利用すれば十分投資として利用できるようになるのです。

また、FXは初心者の方でも簡単に参加できるという性質を持っています。
理由は簡単で、投資をするときの資金が少なくても済むからです。
FXにはレバレッジというシステムがありますので、たとえ少ないお金しかなかったとしても多くのお金を持っているとものとして取引が出来るようになります。
10万円の資金しかなくても、レバレッジをすれば10万円を100万円にして取引が出来るようになるわけです。

このように、FXには投資として充実なサービスが含まれており、誰でも簡単に参加できるようになっています。
だからこそ人気のある投資になっているのです。


低いレバレッジで取り組む外国為替証拠金取引


外国為替証拠金取引(FX)は、数ある投資の中でもハイリスク・ハイリターンな投資として知られています。それにリスクが高い分、危険な投資として敬遠されがちな面もあります。
FXがハイリスクなのは、レバレッジのゆえです。レバレッジとは、簡単に言うと、少ない投資資金で多額の取引ができる仕組みのことです。

ですから上手くいった時の利益が大きく、上手くいかなかった時の損失も大きいのです。
ところでそのレバレッジですが、昨今の国内のFX業者においては、最大でも25倍のレバレッジまでしかかけられません。

しかも、何倍のレバレッジをかけるのかは投資家の自由裁量に任せられています。
ですから、低いレバレッジでFXに取り組むのなら、それほどのハイリスク・ハイリターンにはなりません。

極端な話、レバレッジを1倍に設定してFXをやれば、外貨預金のような感覚で投資が行えるのです。
まあ、レバレッジ1倍はともかくとしても、2倍か3倍程度ならば、ミドルリスク・ミドルリターンな投資として取り組むこともできます。

ただし、それはもちろん投資額などの諸条件にもよります。詳しいことは少額から経験を積んで、実践で少しずつ学んでゆけば良いでしょう。
とにかく外国為替証拠金取引は、高いレバレッジに設定して無謀な取引を行ったりさえしなければ、それほどの危険な投資ではありません。

初心者でも安心して取り組めますし、効率良く利益を手にすることも十分に可能なのです。

海外投資、ブロガー、本業の『3輪車』戦略で共に目指そう「生涯収入5億円」
自分と愛する家族のために、真の安定・安心スタイル掴み取るサラリーマンのための秘密倶楽部
http://5oku.com/

アベノミクス効果で、各方面の投資が期待できる


アベノミクス効果が現れて、不動産関係の取引も再び活気を取り戻し、物件売買は勿論の事、投機筋も勢いを増してきたようです。

当初の頃は昨年までは、デフレ化で不動産投資はそこそこに行なわれていたが、投機としては二の足ほ踏んでいたようで、愈々、取引としての不動産投機が盛んになってくるでしょう。

勿論、投資は不動産を購入して他に転用し利益を生む事であり、投機は、そのものずばりで不動産そのものを売買の対象、
価格の変動を予想して利益を生み出そうとするするもので、株式のように短期的な利益を図って行なう、言わば、ギャンブル的な度合いとされるのが投機と考えれば宜しいでしょう。


ところで我家では、200坪の土地を投機目的で購入したが、土地価格は低迷するばかりで売り買いは出来にくい状態であり、暫し、結果的には投資のような形の駐車場として賃料をえる、謂わば、インカムゲインであった。
しかし愈々、アベノミクスの時節到来で目標値まで価格が上がれば、当然ながら売却して利益を出したい処なのです。

所謂、キャピタルゲインというものですね。

さて次に国内株式ですが、一部上場の物を3種類保持しており、投資信託も行なっております。

投資信託は国内向けはメリットが無いとて、外国債の豪州債の投信をしております。
ところが、先般のリーマンショックで債券評価がガックリと落ち込み、2割程元本割れをしてしまいました。

現在ではやや持ち直してはおりますが、未だ元本までには到っておりません。
ただ、金利が5%と高く、毎月の支払を設定していますので元本割れも、どうやらチャラになりました。


海外投資に関する情報カテゴリー項目一覧